接近戦では、銃よりも拳が勝る。

ストライカー概要

クラス:タイタン

属性:アーク

特徴

ストライカー解放条件

1.公開イベントや探索で見つかる宝箱から「ボロボロのガントレット」を入手する。(ランダムで出現するので宝箱をたくさん開けよう)

2.入手すると自動でマイルストーンが更新されミッションが始まる。

3.シナリオ、公開イベントなどで敵を倒していればゲージがたまる(ゲーム内の誤訳があるので注意)

4.地球のクエストに「トラベラーの欠片」が追加されるのでクリアする。

ストライカーのスキルツリー

スーパー

ハボックフィスト:拳をスーパーチャージし、大渦の力で地面を叩きつける。 連続で発動でき最大3回行える。



世界を揺るがす者の作法

マグニチュード:追加のグレネードチャージを獲得する。グレネードの効果の持続時間が長くなる。
アフターショック:振動ストライクで敵にダメージを与えると、グレネードのチャージが獲得される。
振動ストライク:ダッシュ中にこの近接スキルを発動させると、標的に肩から体当たりし、その衝突時にアーク爆発が発生する。
終端速度:ハボックフィストの衝撃波によって、ダメージを与えるフィールドが作り出される。空中にいる時間が長ければ長いほど大ダメージを与える。


絶対的な力の作法

正面攻撃:この近接スキルで敵を攻撃すると、武器がリロードされて武器の安定性が上昇する。
リバース:近接キルを行うと即座に体力が回復する
ノックアウト:敵を瀕死の状態にするか敵のシールドを破壊すると、近接攻撃の範囲とダメージが上昇する。
型破り:ハボックフィストで敵を倒すと持続時間が長くなる。


グレネード

フラッシュグレネード:ダメージを与えた敵に方向感覚を失わせる爆発系グレネード。
パルスグレネード:爆発の範囲内の敵に持続的なダメージを与えるグレネード。
ライトニンググレネード:どんな物体にも貼り付いて、稲妻を放つ粘着式グレネード。


ジャンプ

ハイリフト: 空中でジャンプすると、リフトが発動してさらに上昇する事ができる
スライドリフト: 空中でジャンプすると、リフトが発動し、かつ高度な方向成魚が可能になる。
カタパルトリフト: 空中でジャンプすると、リフトが発動し、かつ初期ブーストが発動して勢いが増す


クラススキル

頑強なバリケード: 巨大なシールドを張り、敵の攻撃から身を守れる空間を作り出す。
反撃のバリケード: 小さなシールドを張り、照準モードでシールド越しに射撃を行えるようにする。シールドの後ろに隠れている時は使用中の武器が即座にリロードされる。

 

敵の設置した赤いバリケードは接触するとダメージを受ける。また、ダメージを与えることで破壊できる。


ストライカーの伝承

勇猛な心、揺るぎない決意。

私は震えている。膝に手をつき、息が上がっている。あの怪物達に来させればいい。追い払う必要はない。仏の山を登らせればいい。私は気にしない。私の得意とすることだ。気にしない。何百という軍勢で掛かって来い。それでも、最後に立っているのは私だ。奴らのホーミングロケットも、エキゾチック物質のスラッグも、別空間で作られた剣も、気にしない。 私は気にしない。私を動かすことなどできないからだ。私と言う壁に当たって暗黒が崩れるのだ。 マルファーは銃を回転させて撃つかもしれない。忍は稲妻と踊るかもしれない。だが、この恐怖が暗闇を使い果たしても、ずっと動かす立っているのはこの私だ。 私は壁だ。壁は動かない。壁は気にしないからだ。

ストライカーの解説

世界を揺るがす者の作法は全体的にバランスのとれた構成になっている。特徴的なものは「マグニチュード」によってグレネードを2つ所持できることだ。今作ではグレネードが非常に強力なので多く持てるだけで大きなアドバンテージを獲得している。積極的に使用し、強みを活かしていこう。振動ストライク(前作ではショルダーチャージ)は空中で発動することで若干スキを減らすことができるので覚えておこう。

絶対的な作法はストライカーらしい近接戦闘を意識した構成になっている。主な戦術は敵の懐に入り込み銃撃で瀕死まで追い込み「ノックアウト」の効果を発動しながら近接キルを行うことで「正面攻撃」と「リバース」の効果を同時に発動できる。この一連のコンボを行うことで先陣を切って道を切り開ける。

他のタイタンのサブクラス

タイタンのページに戻る