どこに立つ?

過ちの正義

カテゴリ:パルスライフル

装備箇所:スロット2

使用弾薬:メイン弾 i

ダメージ属性ソーラー



過ちの正義のステータス

毎分発射速度

マガジン

威力
{{perc}}
射程距離
{{perc}}
安定性
{{perc}}
ハンドリング
{{perc}}
リロード速度
{{perc}}
照準補佐
{{perc}}
反動方向
{{perc}}

過ちの正義のパーク

アグレッシブバースト
威力の高い4点バースト。


デビルスコープD2
悪魔のようなスコープ。長距離ズーム。 • 射程距離が伸びる。 • ハンドリング速度が上昇する。

ダスクスコープD2
遠距離用スコープ。長距離ズーム。 • 射程距離が大幅に伸びる。 • ハンドリング速度が僅かに低下する。

ウルフサイトW1
軽量型サイト。近距離用ズーム。 • ハンドリング速度が上昇する。 • 射程距離が僅かに伸びる。

キングサイト K1
ハンドリングに優れたサイト。 • ハンドリング速度が大幅に上昇する。

ダスクサイトD1
軽量型サイト。近距離用ズーム。 • ハンドリング速度が上昇する。 • 射程距離が僅かに伸びる。

ウルフドット W2
ボロボロのスコープ。中距離用ズーム。 • ハンドリング速度が低下する。 • 射程距離が伸びる。

キングドット K2
非常に優れたスコープ。近距離用ズーム。 • 射程距離が伸びる。 • ハンドリング速度が僅かに低下する。

ダスクドット D1
軽くて柔軟性の高いサイト。中距離用ズーム。 • 射程距離が伸びる。


以下から2つのランダムパークが選ばれる

高精度弾
この武器でより長距離の発射ができる。 • 射程距離が伸びる。

安定弾
このマガジンが反動制御に最適化される。 • 安定性が大幅に向上する。 • 射程距離が僅かに短くなる。

合金マガジン
マガジンが空の時にリロードが速くなる。

追加マガジン
この武器のマガジンの装填数が増える。 • マガジンサイズが大きくなる。

拡張マガジン
マガジンサイズが大幅に大きくなるが、リロード速度は大幅に低下する。 • マガジンサイズが大幅に大きくなる。 • リロード速度が大幅に低下する。

フレアマグウェル
リロード速度が最適化される。 • 安定性が僅かに向上する。 • リロード速度が大幅に上昇する。


以下から1つのランダムパークが選ばれる

ヘッドシーカー
ボディショットを行うと、一時的に精密ダメージが増加する。

アウトロー
精密キルを行うと、大幅にリロード時間が短縮される。

移動標的
照準モードで移動する時、移動速度と標的捕捉力が上がる。

禅モーメント
この武器でダメージを与えると、安定性が向上する。

追い詰められた獣
マガジンの残弾数が減るにつれて安定性と命中精度が向上する。

腰だめ用グリップ
腰だめで撃つ時の命中精度と安定性が向上する、持ちやすく改良されたグリップ。

地に着いた足
しゃがみながら発射すると、命中精度、安定性、ハンドリングが向上する。


以下から1つのランダムパークが選ばれる

キルクリップ
敵を倒した後にリロードすると、ダメージが増加する。

暴れん坊
この武器で敵を倒すと、一時的にダメージが増加する。3回まで累積。

高衝撃リザーブ
マガジンの最後の弾丸のダメージが増加する。

レンジファインダー
この武器で狙うと攻撃有効範囲が広がり、ズームが拡大する。ロケットランチャーとグレネードランチャーでの照準時は投射物の速度が増加する。

フルオート・トリガーシステム
トリガー長押しでフルオート発射できる。

ヘッドシーカー
ボディショットを行うと、一時的に精密ダメージが増加する。


マスターワーク時に1つを選択可能

トラッカー無効化
この武器は何も表示しない。

キルトラッカー
この武器は、これを使って倒した敵の数を表示する。

クルーシブルトラッカー
この武器は、これを使って倒したクルーシブルの敵の数を表示する。

過ちの正義の入手方法

入り組んだ岸辺

過ちの正義の伝承

どこに立つ?

これはスパイダーにとって、史上最高の取引かもしれない。大したもんだ、と彼は考える。 敵を倒す代わりに、スパイダーは他の敵を倒すことを請け負った。少し情けない気もする。もっと詰め寄られていたなら、バロンの居場所など見返りなしで教えただろう。だがタダで情報を渡すわけがない。 それに、ガーディアンも認めざるを得ないだろう。スパイダーなんかよりもバロンのほうがよほど岸辺にとって悪影響だ。領地を取り戻せれば、全員が得をする。 太っ腹な取引をして、気分が良くなっていた。 実に素晴らしい友情になるだろう。

過ちの正義の英語名

RIGHT SIDE OF WRONG
Where do you stand?
パルスライフル一覧に戻る